シリコンバレーと太陽
Photo:iStock/gettyimages

 【サンフランシスコ】中国のインターネットサービス大手テンセントホールディングスへの投資で知られるアフリカ最大の企業、ナスパーズが米シリコンバレーに足場を築いている。しかし、他の多くのハイテク投資会社と違い、次の大化け銘柄の発掘だけに集中しているのではない。

 同社は2016年、サンフランシスコにベンチャーキャピタルのナスパーズ・ベンチャーズを開設した。その狙いは、シリコンバレーのイノベーションやアイデアの流れに近づき、そうした知識を世界中での意思決定に応用することにある。同社は電子商取引(EC)企業への転身を進めている。

 イーベイ出身のラリー・イルグ氏が率いるナスパーズ・ベンチャーズは、昨年テンセント株の一部を売却して得た98億ドル(約1兆0916億円)を投資に回す意向だ。投資先から分かる通り、新興国市場で食品や教育や医療など消費者ニーズを満たす事業に力を入れている。

 イルグ氏はこうした動きがナスパーズにとって理にかなっていると述べた。「私たちはテンセントを通じて中国への知見を得たが、実はシリコンバレーで生み出されている製品や技術を利用している地域は見えていなかった」という。