ソウルのサムスンPhoto:Reuters

 【ソウル】韓国サムスン電子にとって、半導体が頭痛の種となっている。売れ残った在庫の山を抱えているためだ。

 半導体メーカーは通常、需要が旺盛な時期に約3〜4週間分の在庫を確保する。だが業界のアナリストらによると、サムスンは目下、最大でこの倍に相当する在庫を抱えているようだ。

 世界貿易を巡る懸念やスマートフォン販売の低迷で、半導体需要はここ数カ月に急減。販売好調時に生産を増強していた半導体メーカーは、在庫の積み上がりに直面している。

 こうした中、サムスンが支配的な地位を占める主要メモリーチップ2種類の価格は下落。サスケハナのアナリスト、メディ・ホセイニ氏によると、需要の落ち込みは昨年始まったものの、メモリーチップ2種の価格は今年1-3月期(第1四半期)におよそ2割落ち込んだ。これは従来の想定を超える下げ幅だという。

 サムスンは5日公表した1-3月期決算の速報値で、営業利益が前年同期比で60%減少したもようだと明らかにした。これも在庫のだぶつきで説明がつく。実際にそうなれば、スマホ「ギャラクシー・ノート7」の発火問題で世界的なリコール(回収・無償修理)を余儀なくされて以来、2年半ぶりの低水準となる。サムスンの広報担当者はコメントを控えた。

 スマホからクラウドコンピューティングの大量のサーバーファーム(サーバー集積施設)に至るまで、中核のテクノロジーはメモリーチップに依存しており、この極小部品が世界経済の動向を占う上で重要指標となっている。

 主要メモリー2種類であるNAND型フラッシュメモリーと記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー(DRAM)の価格は、2017年終盤と2018年初頭に天井をつけて以降、大きく値下がりしている。大口の買い手は価格の上昇局面で、さらなる値上がりを懸念して大量購入したが、現在は価格が底入れするのを待ちたいと考えているようだ。

 IHSマークイットの市場調査アソシエイトディレクター、レイチェル・ヤング氏は「これは心理的な要因だ」とし、「企業は様子見を続け、今後もっと安い価格で購入できないか見極めている」と説明する。