激しい訴訟合戦では双方が利益を得ることはほとんどない。しかしアップルとクアルコムの特許訴訟は、それに極めて近い結果となった。