連続事件で3人に死刑判決

 未成年3人の死刑判決が確定した事件もある。1994年9月28日~10月8日に大阪と愛知、岐阜で発生した「連続リンチ殺人事件」だ。

 一連の事件を巡っては、暴力団に所属していた小林正人死刑囚(犯行当時19)、芳我(旧姓・河渕)匡由死刑囚(同19)、大倉(旧姓・小森)淳死刑囚(同18)の3人を含む計10人(成人3人、未成年者7人)の男女が犯行に関与したと認定され、8人が有罪判決を受け、2人が少年院送致となった。

 事件は仲間だった1人のほか、見ず知らずの4人に恐喝などをした上で凄惨な暴行を加えた末に、事件の発覚を防ぐため殺害したというものだ。死刑囚3人はいずれの事件にも関わっていた。

「大阪事件」は94年9月28日、道頓堀の繁華街ですれ違った当時26歳の男性を監禁して19時間にわたり殴る蹴る、体に火を付けるなどの暴行を加えて殺害。死亡を確認するために遺体にタバコの火を付けた。

「愛知事件」は同10月6日、仲間数人でシンナーを吸っていて小林死刑囚と仲間の1人がけんかになり、1人を6人がかりで鉄パイプやフォークなどを使って殴る蹴るなどのリンチを加え、最後にはシンナーをかけて火を付けた。判決では、死因が頭部打撲、内臓破裂、全身打撲によるショック死の「いずれか」とされた。あまりに遺体の損傷が激しく、死因が特定できなかった。

「岐阜事件」は翌7日、ボウリング場でたまたま見掛けた会社員の男性ら3人から恐喝しようと計画。金を奪った後で同様に暴行し、2人が頭がい骨を含む全身骨折、体中の血管が裂けて大量出血するなど無残な遺体で発見された。

 この事件はあまり知られていないが、事件の概要が判明していく過程が少しずつで、全容解明した時期が阪神・淡路大震災やオウム真理教を巡る事件と重なったことが影響した。