乳酸菌との相性は人それぞれ
まずは2週間食べ続けてみる

 腸内にいる菌は人それぞれ違っていて、ヨーグルトの乳酸菌との相性は食べ続けてみないとわかりません。乳酸菌の種類や機能性は異なるため、どんな菌が使われているのか購入前に必ずチェックしてください。

 そして、まず同じヨーグルトを1日100g以上、最低2週間食べ続けてみましょう。便通や肌の調子が良くなった、疲れにくくなったなどの実感が得られたら、それがあなたに合ったヨーグルトという合図です。

 変化が感じられない場合は、違う種類の乳酸菌が使われたものを選んで、また同じように試してみてください。値段や商品のうたい文句に惑わされず、しっかり自分に合ったものを見極めたいですね。

便秘改善には、
食後ヨーグルトがおすすめ

 便秘にお悩みで、乳酸菌の効果を最大限生かしたいなら「食後」がおすすめです。

 食前よりも食後のほうが胃酸の分泌が落ち着くため、胃酸による乳酸菌の死滅を少なくすることができます。死んでしまった乳酸菌も体に良い働きをもたらしてくれるのですが、より効果を期待するなら食後に食べるようにしましょう。

 いかがでしたか?

 腸内環境を整えてくれるヨーグルトは、ダイエットや健康づくりの強い味方です。メーカー各社で独自の乳酸菌の研究や開発が進んでいますし、低脂肪や低糖タイプなど選択肢も広がっています。食べ方や選び方、タイミングなどを再度見直して、健やかな体づくりに生かしていきましょう!

【参考文献】
「『ヨーグルトファースト』で食後高血糖を抑制 老化や疾患の進展予防に寄与する可能性」(同志社大学生命医科学部糖化ストレス研究センター八木 雅之教授、クラージュ株式会社との共同研究)

(管理栄養士 岡田明子)