トレンドを取り入れ
今なお進化する「チェキ」シリーズ

初代チェキ1998年(平成10年)に発売された初代チェキ

 1998年(平成10年)に発売されたインスタントカメラ「チェキ」は、撮ったその場でプリントが得られることから10~20代の女性に人気となり、発売直後は品薄状態が続いた。その後、順調に販売を伸ばし、2002年(平成14年)度には約100万台を達成。一時、カメラ付き携帯電話の普及にともない、販売台数がピーク時の10分の1まで落ち込んだが、2007年(平成19年)頃からデジタルとは異なるプリントの現物感がデジタルネイティブの若者層を中心に人気に。2012年(平成24年)には、“世界で一番かわいいインスタントカメラ”をキーコンセプトにデザインを一新して、グローバル展開を加速。インスタなど時代のトレンドを取り入れ、スクエアフォーマットのフィルムに対応したカメラや、プリント出力前に画像の編集・加工ができるカメラなどラインアップを拡充し、今なお進化している。

チェキ“世界で一番かわいいインスタントカメラ”をコンセプトに発売した「instax mini 8+」は2015年(平成27年)発売=写真左。動画で撮影して被写体のベストショットをスクエアフォーマットのフィルムにプリントできる「instax SQUARE SQ20」は2018年(平成30年)発売