トランプ外交に厳しい試練、山積する難題Photo:PIXTA

 「米国第一主義」を掲げるドナルド・トランプ大統領の外交政策は、四方面で同時進行する難題に直面している。米政権は複数の危機に対応しつつ野心的な政策を実行しなければならず、その舵取りは途方もない試練にさらされている。

 アジアでは、中国が対米貿易協議の条件を巡る再交渉を模索している。北朝鮮は非核化交渉が暗礁に乗り上げる中、短距離ミサイルの発射実験を再開した。

 中東ではイランが核開発プログラムを拡大する構えを見せている上、米情報当局が明らかにしたところでは、イランは米軍に対する攻撃準備にかかっている。中南米のベネズエラでは、米国が支持する政権転覆の試みがロシアやキューバの支援で阻止された。

 米政権が直面する一連の難題を象徴するかのように、マイク・ポンペオ米国務長官は9日、閣僚会議に出席するため外交訪問を切り上げ、急きょワシントンへ戻った。会議にはパトリック・シャナハン国防長官代行とジョー・ダンフォード統合参謀本部議長も出席した。

 専門家によると、現状が極めて特殊になっている原因として、優先順位を定めて一つずつ対処していくという通例をトランプ氏が無視していることがある。トランプ氏は複数の目標に同時に注力しているが、中国の経済システム改革、北朝鮮の非核化、イラン安全保障政策の抜本的な転換、中南米政府の転覆と、どれ一つとっても米政権が取り組むには大掛かりな目標だ。