著者累計700万部突破のベストセラー作家で、『大富豪からの手紙』でも9万部突破の著者・本田健さんと、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、『年収1億円になる人の習慣』(現在8万5000部)の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。本田健さんが『大富豪からの手紙』で取り上げた「人生で大切にしたいテーマ」について、お2人に語り合っていただきました。

お金は「自分とまわりの人を幸せにする」ために使う

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

本田:私が、昨年、出版した『大富豪からの手紙』は、大富豪の祖父が残した「9つの手紙」に導かれ、大学生の主人公、敬(ケイ)が「人生の秘密」を追い求めて旅に出る「学びと感動のストーリー」です。

このストーリーの中で、祖父の60年来の親友であるソムチャイさんが、敬に、次のようにアドバイスする場面があります。

「いいお金の使い道というのはね、『自分とまわりの人を幸せにする』という視点で考えてほしい。そうすれば、自分の器も大きくなって、お金は増えていくし、自分もまわりも幸せになれる」

山下さんも、たくさんのお金持ちを見てこられたと思います。お金持ちになる人の「お金の使い方」について、共通点はありましたか?

山下:自分の目的や目標に関係のあることには「億単位」でお金を使う。けれど、目的や目標に関係のないことには「1円も使わない」という習慣があるのかな、と。
それは時間に対しても一緒ですね。生産性につながらないことには、1秒も使わない。

本田:億万長者と言われる人たちは、「自分とまわりの人を幸せにする」という視点を持ってお金を使うので、多額の寄付をする方もいます。

でも、決してバラまくようなことはしません。寄付するお金がきちんと使われ、きちんと生かされることが前提です。
そういう人たちは、寄付するお金が、「自分とまわりの人を幸せにする」と思えば、惜しみなく、億単位で寄付をしますが、使い道が不明瞭な寄付には、1円も出しません。

山下:「財布のひも」が堅いですよね。

本田:山下さんも、寄付をされているのですか?

山下:「EARTH(アース)」では、東日本大震災復興支援を目的とした「EARTHチャリティーお花見会」を開催しています。ご善意の寄付金は、日本赤十字社、福魂祭、「ふくしま浜街道・桜プロジェクト」様(桜の苗木を植樹するプロジェクト)などに、寄付させていただきます。

個人的にも、東日本大震災や熊本地震の被災地などに、寄付をさせていただいています。
宗次徳二(むねつぐ・とくじ)さん(株式会社壱番屋/「カレーハウスCoCo壱番屋」の創業者)は「お金が社会のために回るほうが嬉しい。だから寄付が最高の贅沢です」とおっしゃっていました。私はまだ、宗次さんのレベルには遠く及びませんが、それでも、「まわりの人」のためにお金を使おうと意識しています。