当事者意識の低い人
当事者意識の低い人は、会話の中の「主語」に特徴があるようです Photo:PIXTA

 前回は、「マインドセット」と「スキル」を軸とした組織課題抽出・対策立案ツール「MSマトリクス」を使った、組織の課題を抽出する方法を紹介した。

 自社の組織がどのような課題を抱えているのか、自分なりに見直すことができたのではないだろうか。そして、課題解決にはメンバーの「マインドセット」を上げていく必要があることも理解していただけたと思う。

 しかし一方で、「マインドセット」とは具体的に何なのか、うまくイメージができずにモヤモヤした感覚をお持ちの読者も多いのではないだろうか。

 連載3回目は、前半で私の「マインドセット」の捉え方を紹介し、後半は実際に社員の「マインドセット」を高め、強い組織を築いていくにはどうすればよいかを考えていく。

「マインドセット」とは何か?

「マインドセット」という言葉を知る人は多いが、その本質をきちんと語れる人はあまりいない。それほど「マインドセット」の定義は、一言では表現がしにくいものだと思う。そこで私は、いつも複数のキーワードを使い、「マインドセット」を説明することにしている。

 前回も紹介したが、私が「マインドセット」の要素として上げるのは、「当事者意識・覚悟・オーナーシップ・全体最適・ミッションフィット・バリュー体現」の6つだ。

 そして、上の図に示したように、「マインドセット」はこれらの要素が複合的に作用して形成された思考であると私は考えている。一つひとつを具体的に説明したいところだが、今回は、その中でも特に重要な要素である「当事者意識」に焦点を当てて説明していこう。

当事者意識は会話の中に表れる

「マインドセット」が高い人は、物事に対する「当事者意識」も高い。それは個々の行動からも汲み取ることができるが、中でも、とても簡単に「当事者意識」の高さを判断する方法がある。次の事例で考えてみてほしい。