人生のターニングポイント
写真はイメージです Photo:PIXTA

“人生100年時代”という言葉が定着しつつある現代日本において、折り返し地点となる50歳は、まさに人生のターニングポイント。そこからの人生を充実させるには、今まで培ってきたスキルや知識をリセットし、変化を受け入れる必要があります。そこで前回に続き、常に一歩先を行くライフスタイルを実践してきた本田直之氏の最新刊『50歳からのゼロ・リセット』(青春出版社)から、50歳前後のビジネスパーソンに必要な“人生との向き合い方”について紹介します。

50代で重要なのは「立ち止まってみる」こと

 50代のビジネスパーソンの日常は何かと忙しいものです。オフィスでは若手の話を聞き、与えられている目標を達成するための指示を出し、上司や会社の考えていることを想像しながら先々のことにまで思いを致す。プライベートでも親の介護問題や子どもの成長に合わせた諸問題と向き合い、なかなか自分だけの時間を取ることができません。

 だからこそ、「物事を考える時間」「自分と向き合う時間」を持つことはとても大切なインプットの時間になります。例えば、あなたが今、読んでくれているわたしの記事に書かれていることの100%が、あなたにとって正しいわけではありません。大事なのは、読んでくれた人が少し立ち止まり、自問自答することです。