写真はイメージです Photo:PIXTA

“人生100年時代”という言葉が定着しつつある現代日本において、折り返し地点となる50歳は、まさに人生のターニングポイント。そこからの人生を充実させるには、今まで培ってきたスキルや知識をリセットし、変化を受け入れる必要があります。そこで今回は、常に一歩先を行くライフスタイルを実践してきた本田直之氏の最新刊『50歳からのゼロ・リセット』(青春出版社)から、50歳前後のビジネスパーソンに必要な“人生との向き合い方”について紹介します。

“成功する人”と“やがて使えない人”になる違いとは?

 50歳という人生の折り返し地点に立ったときに大切なのは、「試しにやってみよう」という気持ちです。年齢に関係なく、この気持ちを持ち続けないと結果的に損をすることになります。今あるやり方よりも効率的で、生活をより良く変えてくれるツールやテクノロジーが出てきたのなら、その波に乗っていくこと。そのためには、変化に対してアンテナを立て、その兆しに気づいたのなら、今のうちから試して、慣れておくことです。