本田直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役

シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。ハワイ、東京に拠点を構え、年の年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。これまで訪れた場所は61カ国 211都市を超える。 著書に、レバレッジシリーズをはじめ、「オリジナリティ 全員に好かれることを目指す時代は終わった」等があり、著書累計300万部を突破し、韓国・台湾・中国・タイで翻訳版も発売。

なぜ、この会社は若い人に圧倒的な知名度と就職人気があるのか?【企業インタビュー:Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)編】
「優秀な人材だけの、とんでもなく成長できる会社」をつくりたかった【企業インタビュー:ワークスアプリケーションズ編】
「誰かいい人いない?」が会社を潰す――“ナイスな仲間”を引き寄せるヒミツとは?【レバレッジコンサルティング代表 本田直之×ビズリーチ代表 南壮一郎】(後編)
「目標達成しました!」という社員はいらない――「あたらしい働き方」にはまる人、はまらない人【レバレッジコンサルティング代表 本田直之×ビズリーチ代表 南壮一郎】(前編)
仕事と趣味の境界線を曖昧にする。仕事が趣味になれば、いつでも楽しいはず【企業インタビュー:インストラクタブルズ編】
    1
  • 1
  • 2

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP