ウーバーとリフトのIPOが失敗してから市場にくすぶっていた懸念はひとまず払拭され、今年は調達金額の記録更新が予想されている。