米AMDは、中国企業の先進半導体開発を支援することで業績を回復した。だがその取引のために、国家安全保障を巡り米政府と長く対立することになった。