個人事業主とはいえ「社長」なのだから、これは当然のことといえよう。

 だが、この感覚を身につけなければ、個人事業主はおろか、ビジネスパーソンとしても仕事ができない。ビジネスの勘所が分からなければ事業を継続することができないのだから、当たり前のことだ。

主体的に取り組めば
成功のチャンスが高まる

 この感覚や目線を持てば、企業に勤めても、顧客を相手にしていても、ビジネス上の課題の発見が非常に早くなるし、顧客の経営者ともなんの不安もなくさまざまなビジネスのディスカッションができる。

 例えば現在、私は厚生労働省による医療従事者の医療勤務環境改善支援事業を、東京都の委託を受けてコンサルティングを請け負っている。

 その仕事のために病院を訪問し、院長からコンサルティングを依頼され、院長の困り事をいろいろと聞き取っていると、初回訪問であるにもかかわわらず、病院経営の課題を大まかに特定できる。

 そのようなことができるようになったのも、私自身の個人事業主としての経験が大きいのだ。

 これは何も私だけができることではない。誰もがそのような立場になれば、主体的に仕事に取り組むようになれるのだ。

 主体的に取り組むようになれば、自分がさまざまな仕事の中でできることがどんどん増えていくので、さまざまなことにチャレンジできる機会も増え、その機会を逃さず成功できる可能性も高まる。

 これはまさに今、企業が欲しい人材ではないか。だから、主体的に仕事に取り組むことには、さまざまな効用があるのだ。