自ら積極的にブレる人、つまり試行錯誤を繰り返す人ほどビジネスで成功する人が多い。
自ら積極的にブレる人、つまり試行錯誤を繰り返す人ほどビジネスで成功する人が多い(写真はイメージです) Photo:PIXTA

自ら積極的にブレる人、つまり試行錯誤を繰り返す人ほどビジネスで成功する人が多い。ただし、一度成功してしまうと、ブレなくなる人が多くなり、やがて成功からは遠のいてしまう傾向がある。(AKTANA International LLC プリンシパルコンサルタント 高橋洋明)

ブレて成功している人は
「安定している時」にブレる

 前回は、「現在世界的に成功しているリーダーには、ブレて成功を収めている人たちが多い」こと、そしてブレて成功したリーダーは「積極的に自らブレている」ということをお伝えした(過去記事『ビジネスで成功する人ほど、実は積極的に「ブレる」理由』参照)。

 自分が望むと望まざるとにかかわらず環境は変化するものであり、しかも環境の変化は日を追うごとにますます加速している。だからビジネスで結果を出し続けるには、一度の成功に満足していては、あっという間に時代に置いていかれてしまう。

 従って、環境の変化に合わせた自分自身の成長はキャリアアップ・収入アップに欠かせないどころか、今後ますます重要になっていく。

 だから、4月から社会人になった方もベテランの方も現状に満足することなく、自分自身で時代を先取るつもりで積極的にブレることをお勧めする。

 しかし、「あえてブレることの大切さは分かったが、どのようにブレればいいのか?」などと疑問に思うことがあるだろう。

 そこで今回は、ブレて成功しているリーダーが「安定している時こそブレている」ことを皆様と一緒に見ていこう。