中国政府は否定しているが、同国が国内経済の成長にアクセルを踏み込む可能性は相当高い。