予防歯科イメージ
※写真はイメージです Photo:PIXTA

 近年、よく聞く「予防歯科」という言葉。歯科医院のホームページなどでもよく見かけますが、いったい、何をするところなのでしょうか? 予防歯科での診療に保険は使えないのでしょうか? 『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか? 聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中の歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

 *  *  *

若林健史歯科医師
若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

「予防歯科」という言葉は確かに歯科医院のホームページでよく見かけますね。ただし、これは歯科の看板などへの表示が法律で認められている「標榜科」ではありません。この名称を使う条件も決まっておらず、行政のチェックなどもありません。「予防歯科」は「むし歯や歯周病の予防に力を入れていますよ」という歯科医院のPR的な表現ととらえるのがいいでしょう。

 実は「予防歯科」を表立って出さない歯科医院の中にも、予防に力を入れているところはたくさんあります。むし歯や歯周病の治療が終わった後に、「3カ月後にまた、来てくださいね」といわれる、いわゆる定期検診やメインテナンスのことですね。その日が近くなると案内のハガキをくれたり、メールや電話で連絡をくれたりするようなところです。

 このことをふまえていただいたうえで、予防歯科(定期検診やメインテナンス)ではどのようなことをやるのか、紹介していきたいと思います。