「一時金が有利だと知っても、年金受け取りの魅力は捨てがたい」、「一時金で受け取ると、早い時期にムダ遣いしてしまいそうで心配」という人なら、年金受け取りも選択肢に入る。その場合、年金受け取り期間を長いほうを選択すると、毎年の受取額が少なくなり、税金や社会保険料の負担も減る。

 また、年金受け取り開始時期は60歳からとし、できるだけ長く社会保険に加入して働くと、手取りアップになる。

 なぜなら、厚生年金に加入して働いている間に企業年金を受け取ると、年金部分には社会保険料はかからず、給料だけにかかるから。60歳以降の再雇用で働くと、多くの場合給与はダウンする。社会保険料は勤務先と折半なるし、減った給与にかかる社会保険料の負担は少ない。

 また、企業年金(DCも同様)を60歳から受け取ると、60代前半の年金の非課税枠、公的年金等控除額の70万円を使い残さずにすむメリットもある。

 定年後、早々に完全リタイアすると、公的年金と企業年金の合算額に対し、自治体の国民健康保険料・介護保険料が計算されるため、手取りは大きく目減りすることになるのだ。

 この他にもまだまだ「年金の手取り額をアップさせる」コツはある。続きは次回で紹介することにしよう。

(株式会社生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー深田晶恵)