LINEをスルーし続けているのに
婚活報告を送りつけてくる婚活者

 まずは、モンスター度・初級(「筆者が集めたエピソードの中では比較的軽度であり、初級と分類してみた」と補足しておく)の事例から見ていきたい。

「恋活・婚活アプリで出会い、一度食事に行った男性がいます。話した感じ、あまり相性が良くないと思ったこと、私より一回り上なのに初回の食事で、きっちり割り勘にされたことから、もう会うつもりはないと私の中で決めていました。年齢が近ければ割り勘でもいいのですが、だいぶ年上で収入差もあるわけだから、もう少し配慮してほしかった……。

 一方で男性は、私を結婚相手候補の1人として見ていたのか、2日に1回ほどLINEを送ってきました。休日には『今日は何して過ごしていますか?』、平日には『お疲れさまです』みたいなとりとめのない内容です。会うつもりもないし無視していたら、『今日は婚活パーティーに行ってきます』『今日はお見合いで○○な女性と会ってきました』など、自分の婚活報告をしてくるように。

 暗に『俺があなた以外の女性と会ってて、あなたは何とも思わないの?』とアピールされているようで、むしろ引いてしまいます。こちらとしては相手をしたくないだけで、ただ無視しているだけなのですが。そんな一方的なLINEが2週間以上続いた頃、執着心の強さが怖いなと思い、ブロックしました」(20代女性)

 この男性は相手の女性に、ヤキモチを焼かせるつもりで婚活報告を送信し始めたのだろうか。LINEをスルーされている時点で「彼女は自分に興味がない」と気づいてほしいが、残念ながらこの男性はそうは解釈しなかったようだ。

「僕に興味ないですよね」「他の男と会ってるんでしょ」
ネガティブ思考を垂れ流す……

 モンスター度・初級(筆者独自の判断)の事例を続ける。