京アニ/折り鶴をささげ、手を合わせる人たち
事件があった「京都アニメーション」スタジオ前で手を合わせる人たち(撮影日:2019年8月8日) Photo:JIJI

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件は18日、発生から1ヵ月が経過した。犠牲者のご家庭が仏教であれば、悲しみの初盆を過ごしたことだろう。この間、容疑者は医師の呼び掛けに反応するまでに回復したが、依然として容体は重篤なまま。京都府警による事情聴取や逮捕が可能になるのは、早くとも数ヵ月後とされる。刑事事件として動き出すのがいつになるのか、先行きは不透明だ。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

7年前にも放火殺人を示唆

“ガソリン放火7年前言及 京アニ容疑者「社会に嫌気」”。毎日新聞の8日付朝刊に衝撃的な見出しが掲載された。

 事件当時、第1スタジオにいた70人に対する殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)=さいたま市見沼区大和田町1丁目=は、過去に起こしたコンビニエンスストア強盗事件で、今回と同様にガソリンを使った放火殺人を考えていたというのだ。

 毎日の報道などによると、青葉容疑者は2012年6月、茨城県坂東市でコンビニ強盗を起こし、同9月に水戸地裁下妻支部で懲役3年6ヵ月の実刑判決を受けた。

 青葉容疑者は捜査段階で「小説を書いている」と供述し、その小説を巡り家族関係が悪くなったことが事件の引き金だったと主張。実際に小説を書いていたかどうかは不明だが、漫画は多く読んでいたと話していたとされる。

 09年にアルバイト先をクビになり、当時の心境について「ガソリンをまいて他人を燃やそうと思った」とも供述。その際に08年6月に発生した秋葉原無差別殺傷事件の加藤智大死刑囚(事件当時25、現在は36)について触れ、「同じ心境だ」「刑務所に入りたかった」と述べていたとされる。

 一方で「無差別殺人を考えることはあるが、思いとどまることもできる」とも供述していたという。