ホンダS660モデューロX
ホンダS660モデューロX モデューロXは「上質でしなやかな走り」をコンセプトに開発されたファインチューンモデル 足回りのセッティングは1st・NSXを手がけたエンジニアが担当 ハンドリングは絶品 価格:6MT/7CVT 285万120円  Photo by Akihiko Kokubo

S660はミッドシップというだけで
未来永劫、名車決定

 たとえ軽規格とはいえ、現在、ミッドシップの専用車体を持つことは、大メーカーにとってリスキーだ。それは世界の自動車メーカーを見渡してみればよくわかる。ミッドシップモデルをラインアップするメーカーは数えるほどしかない。ところがホンダは大小2車種、NSXとS660をそろえている。スーパーカー専門メーカーではないホンダの車種展開は、はた目には無謀に見える。いや、そうした夢を実践する姿勢こそが“ホンダらしさ”だろう。ぜひ、今後はその“中間”を発売してほしい。たとえば、アルピーヌA110やポルシェ・ボクスターと競合するミッドシップを!

 S660はミッドシップというだけで未来永劫、名車決定だ。ビートとセットでミントコンディションのモデルをキープしておけば、今後ちょっとした財産になる。世界で他に類を見ないのだから、それはもう間違いない。

 ボクは、スチールのモノコックボディが素晴らしいと思っている。実車で見ることはかなわない。けれども、それは途方もなく美しい。とくにサイドシルからリアのバルクヘッドにかけての形は生き物のような曲線を描き、ため息が出る。まさに機能美。ほとんど機械化されていない製造工程を見れば、その美しさに工芸的な価値を感じる。