岩手県の本当に魅力ある自治体ベスト5
1位は県庁所在地の盛岡市、2位は大船渡市に

 岩手県の地域力フロー指標トップの盛岡市は県庁所在都市、県内最大の都市である。どの分野でもバランスよく全国平均を超える評価となっている。2位の大船渡市は太平洋沿岸に位置し、大船渡港がある。東日本大震災では甚大な被害が生じたが、生活基盤の分野で盛岡市を上回る評価となった。

 3位の滝沢市は盛岡市に隣接する。住民・福祉の分野で全国でも上位となっている。4位が金ケ崎町、5位が陸前高田市となった。

 岩手県の地域力ストック指標トップの滝沢市は後期高齢者比率が県内で最も低い。2位の矢巾町も同様に後期高齢者比率が低い。なお、矢巾町は人口密度が県内で最も高く、滝沢市とともに盛岡市のベッドタウンとしての性格が強い。

 3位の金ケ崎町は後期高齢者比率については全国平均を上回っているが、農業を基幹産業として高齢者就業率が高く県内2位となっている。4位が紫波町、5位が北上市となった。

「地域力フロー指標」ランキング・ベスト5(岩手県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示
「地域力ストック指標」ランキング・ベスト5(岩手県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示