「3回以上ほめる」と、稼ぐ人になれる

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

また、稼ぐ美容師は、相手(あるいは、相手が好きなもの)を、よくほめています。接客中に、「3回」は、ほめていると思います。

誰かをほめるときは、その内容はもちろんのこと、回数がとても重要です。なぜなら、3回では、「お世辞かも?」と疑われたり、本気にされなかったりするからです。

本当にほめていることをわかってもらうには、「3回」はほめたほうがいいでしょう。

「EARTH金山店」(名古屋)の移転リニューアルの方針を固め、物件を探していたとき、駅前にある候補物件には、15社が競合していました。

物件オーナーにお目にかかると、「このビルをわが子のように大切にしている」ことが伝わってきました。たしかに、レンガをあしらった外観は洗練され、際立っています。

「これはオーナーがご自身でデザインされたのですか? 劇的にすばらしいですね!」
「びっくりするぐらい、センスがありますね!」
「このビルは、アメリカ的なデザインで、一瞬で目を引きますね!」

と私がビルを、熱心に「3回以上」ほめると、オーナーは、「よくわかりましたね。私はシカゴで学んでいたことがあります。このビルは私の子どもみたいなもの。子どもをほめられて喜ばない親はいません」と気をよくして、契約をしてくださったのです。

私は朝礼のとき、スタッフに対して、「ペアになって、交互に1分間ずつ、お互いのことをほめ合ってください」と指示を出すことがあります。「ほめる訓練」をすると「相手の好きなこと(もの)」を探しやすくなるからです。

稼げない人は、自分の好きな仕事を、相手に押し付けます。稼げる人は、「何かお役に立てることはございませんか?」という聞く姿勢で、相手の好きなことに自分を合わせます。つまり、稼ぐ人とは、「『聞く』と『ほめる』ができる人」のことなのです。