習慣化したい
“脱おじさん”対策

 お話ししていると、ご自身をベストに保つためのバランス感覚が優れているように感じます。たとえば、池さんは自分のモチベーションを保つために上手にSNSを活用しています。

「SNSでトレーニング風景をアップして自分をさらすことが、継続性を高めたり、自分のモチベーションを上げたりすることにつながっています。本当は自立型になるべきなんだけれど、人間って社会的動物だし、神様じゃないものね」と笑います。

 同じように何かに挑戦している友人のSNSを見ることも、池さん自身の良い刺激になるほか、久しぶりに友人と会うきっかけになることもあるそうです。

 こうした運動習慣のたまものなのか、池さんは1年半前よりもさらに、さわやかで若々しくなられた感じがします。

「自分の体つきが変わってきたことで、若い世代が着るようなファストファッションもそれなりにかっこよく着こなせるようになったかなと思います」

 また、よくよく聞いてみると、ちゃんと“脱おじさん”対策のお手入れもしていました。
 
「首や耳の後ろといった加齢臭が出やすいところ、首まわりなどブツブツしやすいところは入念に洗うようにしています。歯磨きに関しても、大小サイズの歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス、こだわった歯磨き粉など使うものをきちんとそろえました」

 ポイントは、それらを1セットとして、洗面所だけではなくお風呂、オフィスなど複数の場所に置くこと。その理由は、“習慣化するため”だと言います。すぐやろうと思ったときにないからできない、ということを防ぐのです。