京都府の本当に魅力ある市区町村ベスト5
2位と3位は京都のベッドタウンに

 京都府の地域力フロー指標トップの京都市は全市区町村中8番目の人口を有しており、府内最大の都市である。生活基盤、教育、コミュニティ、住民・福祉の分野で高い評価となっており、特に教育の分野で全国でも上位となっている。

 2位の京田辺市は大阪府に隣接し、京都市、大阪市のベッドタウンとしての性格が強い。教育、コミュニティの分野で全国でも上位となっている。3位の長岡京市は京都市と大阪府に隣接し、京田辺市同様、ベッドタウンとしての性格が強い。生活基盤の分野で京都市を上回り、教育の分野で全国でも上位となっている。4位が精華町、5位が向日市となった。

 京都府の地域力ストック指標トップの宇治田原町は茶の産地として知られる。高齢者就業率が府内では高い。2位の精華町は京都市、大阪府のベッドタウンとしての性格が強い。後期高齢者比率が府内で最も低い。3位の亀岡市は京都市と大阪府に隣接する。後期高齢者比率が府内においては低い。4位が木津川市、5位が京田辺市となった。

「地域力フロー指標」ランキング・ベスト5(京都府編)
出所:中部圏社会経済研究所試算 拡大画像表示
「地域力ストック指標」ランキング・ベスト5(京都府編)
出所:中部圏社会経済研究所試算 拡大画像表示