本当に魅力ある市区町村とは?
愛知県の本当に魅力度がある自治体1位には、名古屋市のベッドタウンが選ばれました Photo:PIXTA

 全国に1700以上ある市区町村の「幸福度」や「住みやすさ」などの魅力度を調査したさまざまなランキングが発表されている。しかし、上位にランクインしていても実際は人口流出に悩んでいる自治体が少なくない。果たしてそれで、魅力ある自治体といえるのだろうか。

 そこで、筆者の所属する中部圏社会経済研究所では「地域力指標」というものを開発し、全国市区町村の本当の魅力を算出した。地域力指標とは、生活基盤や教育など地域の人を引きつける魅力を示す「地域力フロー指標」と、地域の持続可能性を示す「地域力ストック指標」を総称したものである。

「地域力フロー指標」と「地域力ストック指標」の詳しい概要については、こちらを参照いただくとして、47都道府県を6ブロックに分けた中から、今回は中部9県それぞれの本当に魅力ある市区町村ランキング・ベスト5を紹介する。

愛知県の本当に魅力ある市区町村ベスト5
名古屋市のベッドタウンが上位に

 愛知県の地域力フロー指標トップの長久手市は全市区町村中3番目の人口を有する名古屋市の東側に隣接するベッドタウンだ。どの分野においても全体的にバランスが良く、特に、教育、コミュニティの分野で全国でも上位となっている。2位の日進市も名古屋市の東側に隣接するベッドタウン。生活基盤、教育、コミュニティの分野で全国でも上位となっている。3位の津島市は県西部に位置する。長久手市、日進市同様、名古屋市のベッドタウンとしての性格が強い。教育の分野で全国でも上位となっている。4位が名古屋市、5位が刈谷市となった。

 愛知県の地域力ストック指標トップは地域力フロー指標トップの長久手市である。住民の平均年齢が38歳弱と日本一若く、後期高齢者比率が県内で最も低い。2位の田原市は県南端、渥美半島に位置する。農業が盛んであり、高齢者就業率が県内トップとなっている。3位のみよし市は県内2番目の人口を有する豊田市の西側に隣接するベッドタウン。高齢者比率が県内で2番目に低い。4位が刈谷市、5位が高浜市となった。

「地域力フロー指標」ランキング・ベスト5(愛知県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示
「地域力ストック指標」ランキング・ベスト5(愛知県編)
出所:中部圏社会経済研究所試算
拡大画像表示