思い切って体質改善に取り組むことにしたのだ。といっても、筋トレやジョギングなどのハードなトレーニングには手を出さなかった。3日坊主では意味がない。いきなり無理をすれば、間違いなく挫折するのは目に見えていたからだ。

 Fさんはまずタバコをやめ、寝酒も最小限にすることにした。これだけでずいぶんと体が楽になったという。

「体に悪い“毒物”を取りながら健康にはなれない。体に良い物を食べ始める前にこちらを改善する必要がある」と考えたためだという。

体の調子とともに
食生活も改善

『営業の働き方大全』(大和書房)『営業の働き方大全』(大和書房)、菊原智明著、256ページ

 徐々に体の調子が良くなってきたFさんは、食べ物も意識するようになった。今まで食べていた油っこい食べ物から野菜中心に変えた。といっても、ずっと野菜だけ食べる、というような無理はしなかった。

 ラーメンを食べたいときは食べるといった感じだ。さらには「できる範囲」で運動もするようになった。

 無理しなかったのもよかったのだろう。この習慣が3ヵ月続いた。体にいい事をすれば、必ず体は応えてくれる。今はお腹も引っ込み、若々しいフォルムになった。

 そして体力も徐々に戻り、仕事に集中できるようになった。肝心の成績も平均以下からまたトップランクに戻ったという。

 今のFさんは若々しく、嫉妬してしまうほどカッコイイ。そんなFさんも40代からまた輝きを取り戻した1人だ。

 40~50代は人生の分かれ道――。

 ここであきらめるか、それともギアを入れ直し再浮上するか。あなたの今日の選択によって進む道が決まってくる。