早朝の時間を使えるようになると、1日が「濃く」なる

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

早朝出勤をするようになって、私がいちばん実感しているのは、

「時間を生み出した」

ことです。
朝早く起きると「1日を自分でつくっている」という前向きな気持ちになります。そして、「人生の目的」を主体的に考えられるようになります。
朝の時間を積極的に使えるようになったことで、日中や夜の時間の使い方も変わりました。隙間時間もムダにしなくなり、1日が「濃く」なったのです。

世の中が動きだす「朝9時」までには、「1日でいちばん大切な仕事」が完了していて、その達成感を味わいながら、朝9時以降を、ゆとりある気持ちで過ごすことで、余裕を持って、その他の業務をこなすことが可能なのです。

また、早起きをしたことで、「営業時間外」の使い方に大きな差がつくこともわかりました。
「営業時間前」にはしっかりと準備をし、「営業時間後」にはスタッフとのコミュニケーションを図るのです。
営業時間外も「自分を高める時間」と考え、トータル「週に100時間以上」費やしたからこそ、最終的に、私は「年収1億円」を突破できるようになったのです。

休日出勤や残業をするより、早起きをして、「始業の2時間前に出社する」ほうが、圧倒的に効率的です。
早く起きれば、それだけ早く、経験も、実力も、スキルも積み上がっていきます。だから、早起きをするほど、年収が上がっていくのです。