ベストセラー『教養としてのワイン』の著者が、数々の一流ワインをオールカラーで解説した注目の新刊『高いワイン』(ダイヤモンド社)が9月19日に刊行された。今回は本書から抜粋する形で、出会えるだけで幸せと言われるほど希少性の高い白ワイン「モンラッシェ ドメーヌ・ルフレーヴ」について紹介します。

平均価格約110万円。幻の白ワイン

渡辺順子(わたなべ・じゅんこ)
プレミアムワイン代表取締役。1990年代に渡米。1本のプレミアムワインとの出合いをきっかけに、ワインの世界に足を踏み入れる。フランスへのワイン留学を経て、2001年から大手オークションハウス「クリスティーズ」のワイン部門に入社。NYのクリスティーズで、アジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009年に同社を退社。現在は帰国し、プレミアムワイン株式会社の代表として、欧米のワインオークション文化を日本に広める傍ら、アジア地域における富裕層や弁護士向けのワインセミナーも開催している。2016年には、ニューヨーク、香港を拠点とする老舗のワインオークションハウス Zachys(ザッキーズ)の日本代表に就任。日本国内でのワインサテライトオークション開催を手がけ、ワインオークションへの出品・入札および高級ワインに関するコンサルティングサービスを行う。著書に『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』『高いワイン』(共にダイヤモンド社)がある。

 フランスのブルゴーニュ地方にある、ピュリニーモンラッシェ村にて、1717年からぶどう栽培に関わる歴史あるドメーヌ・ルフレーヴは、ミネラル豊富な上質の白ワインが生まれるこの土地で、約25ヘクタールものぶどう畑を所有しています。しかも、そのほとんどが1級・特級畑です。

 そんなルフレーヴが造るワインの中でも、圧倒的な高単価を誇るワインが特級畑「モンラッシェ」で造られるワインです。ルフレーヴがモンラッシェを手に入れたのは1991年のこと。取得面積は、なんとたったの0.08ヘクタールです。

 このように大変狭い面積のため、1年に1樽分のワインを造るのがやっとであり、あまりに高いその希少性からほとんど市場には出回らず、価格が高騰しているのです。世界最大のワイン検索サイト「wine seacher(ワインサーチャー)」がオールヴィンテージから割り出した平均価格は、2019年9月時点でなんと1本110万円にものぼります。

希少性が高く、「出会えるだけで幸せ」と言われるドメーヌルフレーヴの「モンラッシェ」。『高いワイン』(ダイヤモンド社)より抜粋

 ちなみに、2016年はモンラッシェの造り手たちが不作に泣いた年でしたが、モンラッシェを所有するルフレーヴ、DRC(ロマネコンティなどの造り手)などが共同で、「L’EXCEPTIONNELLE VENDANGEDES 7 DOMAINES」(7つのドメーヌの特別な収穫)という1つのワインを生産し、販売しました。

 大物ドメーヌが共同でワインを生産するのはワインの歴史が始まって以来のことです。気になるお値段は1本5550ユーロ(約65万円)。その生産量はわずか約600本で、転売しないという条件付きで限られた人にだけ購入の権利が与えられました。