ベストセラー『教養としてのワイン』の著者が、数々の一流ワインをオールカラーで解説した注目の新刊『高いワイン』(ダイヤモンド社)が9月19日に刊行される。今回は本書から抜粋する形で、ものによっては価格が「グラス1杯1000万円」にものぼるという超高級ワイン「ロマネコンティ」について紹介します。

DRC社が造るワイン。中央右がロマネコンティ。photo:Zachys

ロマネコンティがこんなにも高いワケ

渡辺順子(わたなべ・じゅんこ)
プレミアムワイン代表取締役。1990年代に渡米。1本のプレミアムワインとの出合いをきっかけに、ワインの世界に足を踏み入れる。フランスへのワイン留学を経て、2001年から大手オークションハウス「クリスティーズ」のワイン部門に入社。NYのクリスティーズで、アジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009年に同社を退社。現在は帰国し、プレミアムワイン株式会社の代表として、欧米のワインオークション文化を日本に広める傍ら、アジア地域における富裕層や弁護士向けのワインセミナーも開催している。2016年には、ニューヨーク、香港を拠点とする老舗のワインオークションハウス Zachys(ザッキーズ)の日本代表に就任。日本国内でのワインサテライトオークション開催を手がけ、ワインオークションへの出品・入札および高級ワインに関するコンサルティングサービスを行う。著書に『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』『高いワイン』(共にダイヤモンド社)がある。

 フランスのブルゴーニュ地方で、最も高額なワイン「ロマネコンティ」を造る歴史ある造り手がドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社(通称DRC)です。ワイン名「ロマネコンティ」とは畑の名前であり、DRC社がロマネコンティ畑で造るワインが「ロマネコンティ」なのです。

 ブルゴーニュでは1つの畑をいくつかの生産者が分割所有していることが多いのですが(たとえば「リシュブール」と名の付くワインが複数の生産者からリリースされていますが、それは特級畑リシュブールが分割所有されているためです)、ロマネコンティの畑はDRC 社が単独で所有しています。つまり、「ロマネコンティ」というワインを造れるのは世界で唯一、DRC社だけなのです。

 他の特級畑に比べて地層の栄養分に恵まれたロマネコンティの畑は、その大きさわずか1.8ヘクタールです。さらに、その中でも十分な養分を吸い取ったぶどうだけが残され、そうでないぶどうは無情にも切り落とされてしまいます。過酷な競争を勝ち残ったものだけが「ロマネコンティのぶどう」として生き残ることができるのです。

 こうして生命力が強くエキスたっぷりのぶどうだけを残すため、年間わずか5000〜6000本しか生産されません。わずか1.8ヘクタールの小さな畑から生まれる世界最高峰のロマネコンティは「神から与えられたワイン」として古くから崇められてきました。今も昔もロマネコンティを崇拝し、その魅力に取り憑かれた人々がその争奪戦を繰り広げているのです。

 18世紀、ロマネコンティの名称の元になったコンティ公が畑の所有の座を巡り、ポンパドゥール夫人と争ったのは有名な話です。コンティ公に敗れたポンパドゥール夫人は、悔しさのあまりヴェルサイユ宮殿からブルゴーニュワインをすべて締め出したと言います。