ベストセラー『教養としてのワイン』の著者が、数々の一流ワインをオールカラーで解説した注目の新刊『高いワイン』(ダイヤモンド社)が9月19日に刊行された。今回は本書から抜粋する形で、メーガン妃が溺愛したイタリアワイン「ティニャネロ」ついて紹介します。

世界最古のワイナリーが生み出した、伝統にとらわれないワイン

渡辺順子(わたなべ・じゅんこ)
プレミアムワイン代表取締役。1990年代に渡米。1本のプレミアムワインとの出合いをきっかけに、ワインの世界に足を踏み入れる。フランスへのワイン留学を経て、2001年から大手オークションハウス「クリスティーズ」のワイン部門に入社。NYのクリスティーズで、アジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009年に同社を退社。現在は帰国し、プレミアムワイン株式会社の代表として、欧米のワインオークション文化を日本に広める傍ら、アジア地域における富裕層や弁護士向けのワインセミナーも開催している。2016年には、ニューヨーク、香港を拠点とする老舗のワインオークションハウス Zachys(ザッキーズ)の日本代表に就任。日本国内でのワインサテライトオークション開催を手がけ、ワインオークションへの出品・入札および高級ワインに関するコンサルティングサービスを行う。著書に『世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン』『高いワイン』(共にダイヤモンド社)がある。

 1970年代、イタリアにおけるモダンワインの先駆けとして登場したのが「ティニャネロ」です。地元品種のサンジョベーゼ種を主体にしながら、当時のイタリアではご法度だったフランス品種のカベルネソーヴィニヨンとカベルネフランをブレンドし、サンジョベーゼの魅力をさらに引き出すことに成功しました。

 最近では、2018年にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したメーガン・マークル(旧名)の大のお気に入りワインとしてもティニャネロは話題になりました。

 彼女の公式ブログのタイトルは「The Tig」でしたが、これはTignanello(ティニャネロ)の頭文字「Tig」から付けられたとされます。すでにブログは閉鎖していますが、実際、ティニャネロについての感想がよく投稿されていました。

メーガン妃も溺愛した、イタリアワインの「ティニャネロ」。『高いワイン』(ダイヤモンド社)より抜粋

 ティニャネロは、トスカーナのワイナリー「アンティノリ」の代表作ですが、イタリアワインを語るうえでアンティノリの存在を欠かすことはできません。1385年にワインビジネスを始めたアンティノリは、イタリアのみならず世界最古のワイナリーでもあります。600年以上にわたり、一貫してアンティノリ一族がワイン事業に関わり(現在は26代目)、トスカーナを拠点にイタリア各地、そしてアメリカ、チリにも進出して、広くワインビジネスを展開しています。

 2012年には、7年の歳月をかけて総工費100億円はくだらないとされる新ワイナリーを完成させました。フィレンツェの若手建築家を起用した、こだわり抜いたモダンなデザインは圧巻の一言です。