高齢者から免許を取り上げるのは簡単な問題ではありません
高齢者から免許を取り上げるのは簡単な問題ではありません(写真はイメージです) Photo:PIXTA

高齢の母が骨折で入院
最初は「廃用症候群」を心配した

(とうとう発症しちゃったか)

 千葉県の食品会社に勤務する男性(63歳)はこの夏帰省(東北地方)した際、母親の異変に衝撃を受けた。

 患者数が最も多い認知症・アルツハイマー病だと思った。

 母は84歳。大手化粧品メーカーの訪問販売店を経営しており、自らも、現役バリバリのセールス・ウーマンとして働いている。勤続50年超の大大大ベテラン。30~50代あたりの頃は常に右肩上がりで売り上げを伸ばし続け、半期ごとに本社に招かれては表彰されていた。

 14年前に長い闘病生活の末に他界した父親は、50代前半で国家公務員を早期退職してしまったので、男性を含む兄弟3人が東京の私立大学に進学できたのは母親のお陰だ。

 既婚で子持ちの女性が外で働くことに対して、現代とは比較にならないほど、特に田舎では偏見がひどかった。周囲や親戚から散々陰口やら叱責やらをされながらも受け流し、働き抜けたことは母の誇りだ。

「お客さんが私を呼んでくださる限り、仕事は辞めません」と生涯現役宣言をしている。

 母がこんなにも前向きで、活動的でいられる理由の1つは、車の運転ができることだ。若いころに父の勧めで免許を取得したのだが、お陰で、県内全域にお得意さんがいるし、父が地元の病院から県庁所在地の病院に転院した際も、毎日のように見舞いに行けた。

 車の運転ができることもまた、母の誇り。「背中が曲がっていても、ハンドルを握ればシャキッとなる」と胸を張っていた。