口臭予防には「緑茶」
アルコールやニンニクに効果あり

 口臭は自分ではなかなか気づかないもの――緑茶でセルフケアしましょう。

 緑茶は、口臭対策の決め手といえるほど優秀な飲み物。消臭作用だけでなく、どこでも簡単に飲める便利さがいいですよね。

 自分では気づかないけれど、周囲に気まずい思いをさせてしまうのが口臭。

 口臭の原因とはなんでしょう?

 胃の不調や虫歯、歯周病などいくつかの原因があります。食べ物が原因の場合に、断然おすすめなのが緑茶です。

 たとえば、強い香りや刺激のある食材、料理によるニンニクやネギ臭、お酒を多く飲んだ後のアルコール臭などには、効果てきめんです。

 食べ物からの口臭予防の第一歩は、よく噛んで口から唾液をしっかり出すこと。

 特に何でもない食べ物でも、ニオイが気になる原因の1つに、口の中の細菌の活動があるからです。唾液には殺菌作用があり、口の中をきれいに洗浄してくれます。

 といっても、ニンニクやお酒などは、唾液をしっかり出す程度では口臭を抑えることは無理です。そこで消臭効果のある食材を取り入れていくのです。

 消臭効果のある食材には、レモンやパセリがあります。しかし、量をたくさん食べることができません。

 牛乳も効果がありますが、外食先などで牛乳を飲むのは難しいですよね。口臭が気になるようなメニューとの相性もミスマッチ。

 そこで、うってつけなのが緑茶なのです。

 簡単、便利でどこでも飲めるうえに、効果は抜群。口臭予防に最適です。