韓国は北のミサイルに「無力」、いずれ日本へGSOMIAを求めてくる
Photo:PIXTA

文在寅政権が破棄を表明した日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が11月に失効する。米朝の非核化協議も進まず、北朝鮮のミサイル発射実験はとどまる気配がない。協定の失効は、東アジアの日米韓の安全保障にどのような影響をもたらすのか――。協定の締結にかかわり韓国軍に太いパイプを持つ伊藤俊幸教授・元海将に聞いた。(ダイヤモンド編集部特任編集委員 西井泰之)

GSOMIA締結の契機は
韓国軍が協力を求めてきたから

――韓国のGSOMIA破棄表明後も、北朝鮮はミサイルの発射実験を続けていますが。

 10月2日に発射されたのは、射程が2000キロ以上の中距離弾道ミサイル「北極星3型」とみられます。

 潜水艦から地上攻撃することを前提にしたミサイルですから、実戦配備されれば、日本の安全保障上の脅威になります。 ただしその潜水艦が本当に機能を発揮すれば、という前提ですが。

 夏以降、立て続けに行われた発射実験では4種類の新型短距離ミサイルが含まれていますが、これは北朝鮮国内の軍部に対するガス抜きの側面があるのではとみています。