リーダー向けの企業研修での受講者の悩みとして聞くのは、「年上の部下」に対する接し方です
リーダー向けの企業研修で受講者の悩みとして聞くのは、「年上の部下」に対する接し方です (写真はイメージです) Photo:PIXTA

「年上の部下」を持った際、「指示を出しづらい」「どう扱っていいかわからない」「使いにくい」と不安を感じる若いリーダーは少なくないようです。確かに、年上の部下は接し方を間違えると、とても厄介な存在になります。しかし、うまく接すれば、豊富な経験を生かして、常にあなたをサポートする「最強の味方」になります。その具体的な接し方を説明しましょう。(カスタマーズ・ファースト株式会社代表取締役・代表講師、産業カウンセラー 片桐あい)

まずは
年上の部下の世界を想像してみる

 リーダー向けの企業研修で受講者の悩みとして聞くのは、「年上の部下」に対する接し方です。「役職定年になる前は自分の上司だった人が部下になったんです」「自分よりの経験豊富な中途社員が急に自分の部下になることになって…」などと、特に年上の部下とのコミュニケーションについての相談は増加しています。

 話を聞いていると、部下側にも問題がある場合も多いのですが、かといって自分が上司だからと強固な姿勢で出たところでうまくいかないのは明白です。また、他の部下たちもお手並み拝見とばかりに、年上の上司をどうマネージするのか上司としての手腕を見られているようで四面楚歌の状況を感じている人も多い印象です。

 では、そんな年上の部下とどう付き合っていったらよいでしょうか?