Photo:NurPhoto/gettyimages

英国のジョンソン首相は、EUへの離脱期限延期申請に追い込まれた。期限延長後の総選挙が現実的なシナリオ。ただ、保守党が勝利し合意ある離脱が実現しても、新貿易協定発効に残された時間は短く、関税の壁復活の公算は小さくない。(田中 理・第一生命経済研究所主席エコノミスト)

議会の動議可決で英国政府は
離脱案の採決を取り下げる

 急転直下の10月末離脱を目指し、英国とEUは17日の欧州首脳会議で新たな離脱条件で合意したが、その後のフォークランド紛争以来となる土曜日の議会開催は事態打開の突破口とはならなかった。

 19日に行われた4度目の合意受け入れ採決の審議は、合意なき離脱のリスクを完全に排除したい超党派議員が提出した修正動議が可決されたことを受け、政府が修正後の採決実施を取り下げる異例の展開となった。

 議会が19日の期日までに合意を受け入れなかったため、先に成立した離脱延期法に基づき、ボリス・ジョンソン首相は来年1月末までの離脱期限の延期を要請する書簡をEUに送ることを余儀なくされた。