毎日、なんとなく同じメイクをしていませんか? そのやり方、本当にあなたの顔を美しく見せてくれていますか? もし、ちょっとよくわからない……と思ったら、ぜひこの方法を試してみてください。人の顔には、顔立ちや年齢にかかわらず、「ここをこうすると誰でも美しく見える」という、共通したポイントがあります。そのポイントを踏まえてメイクすることで、どんな人もまるで「すっぴんが美人」であったかのように美しく見せることができます。モデル・女優が「ここぞ!」という仕事で頼りにするメイクアップアーティスト・佐伯裕介が、どんなナチュラルメイクの日でも必ず美人に見せられる、メイクのコツを分かりやすく紹介します。

チークは「こんなに明るくて大丈夫?」というくらいクリアな色を

 僕は普段、どんな年齢の人にも明るいピンクのチークを使っています。ちょっとびっくりするほどクリアな色ですが、本当に肌を明るく、血色よく見せてくれるチークとは、こういう色なのです。

© cecy young(SIGNO)

「年齢を重ねたら、少しくすんだ色のほうがなじむ」とはよくいわれることですが、大人になったからといって、くすんだ色を選ばなければいけないとは僕は思いません。むしろ、くすみを足せば、若い人でもそれだけで顔はくすんでしまいます。せっかくほかのメイクの工程で顔を明るくしても、チークの色選びによって、顔全体のトーンが下げってしまう場合もあるのです。

 人間がもともと持っている血色は、意外に明るくクリアな色。ですから、チークは「こんなに明るい色で大丈夫?」と思うくらい、くすみのない色を選ぶのがおすすめです。見た目の色はあざやかでも、ブラシでのせれば薄く透けたように発色するので、意外と自然。ほどよい血色を与えてくれるだけでなく、肌の透明感も増して、トーンアップして見えます。ぜひ、クリアな色のチークの効果を実感してみてください。

自分のままで圧倒的に美しい』では、見た目にどのくらいの明るさの色を選べばいいのかがわかる写真、おすすめのブランドや色名、顔が小さく、若く、整って見えるチークの入れ方などを写真付きで詳しくご紹介しています。ナチュラルメイクで、美人に見せるメイクのコツを、ぜひチェックしてみてくださいね。