海外の展示会は革そのものと皮革製品は別なので、革はイタリア、香港が中心で、製品はイタリア、スイス、アメリカなどだ。

「香港では、お客さんが中国語しかできない場合もあるので困っていたが、来年には一緒に出展させていただいている取引先の革問屋が、中国語のできるスタッフを採用予定です」

取引先やファンは世界に拡大中
「メイド・イン・ジャパン」を信じる

 最後に海外進出のアドバイスを聞くと、新田はこう答えた。

「メイド・イン・ジャパンは海外から信頼されているので、自信を持って売り続ければ道は開けると思います。当社としても日本のタンナーおよび新喜皮革の知名度を上げていきたいと思っています。日本製の革は仕上げが丁寧で質が高いので、世界中に知ってもらいたい」

 コードバンはもちろんこと、他の革でも日本製のよさが今後、広がっていくことだろう。

(本文敬称略)

(ルポライター 吉村克己)

有限会社新喜皮革
事業内容:コードバンなど馬革の製造販売
従業員数:従業員16名
所在地: 兵庫県姫路市花田町小川1166
電話:079-224-8136
売上高:6億5000万円(2018年度)
URL :http://shinki-hikaku.jp/