中国のEV推進、補助金の削減で前途多難
Photo:Reuters

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 中国政府は多くの電気自動車(EV)を走らせたいが、もはや資金を投じる気はないようだ。自動車メーカーが負担を肩代わりすることになりそうだ。

 中国のEV販売台数は、購入補助金が削減された6月以降、急激に落ち込んだ。7月~10月の「新エネルギー車」(プラグイン・ハイブリッド車を含む)の販売台数は前年同期に比べて28%減少した。

 恐らくは補助金削減の前に多くの人が購入を済ませ、それが現在の低迷を増幅させている。だがこれほど大幅な落ち込みは、政府がかなりの費用を負担しない限り、新技術への需要が盛り上がらないことを示す。補助金がなければ、同等の仕様を持つ従来型自動車に比べ、EVの価格は依然として高い。