指が長くなくても楽しめる重ねづけ「横レイヤード」

Photo by 成尾和見(SEPT)

 次は、つけ方です。指輪の重ねづけというと、縦に重ねるコーディネートを思い浮かべる方が多いと思いますが、これはある程度指が長い人でないと難しいもの。リングを重ねた分だけ高さがでるので、指が短い方があまり縦に重ねてしまうと、指の短さを強調してしまうことになり、注意が必要です。

 では、指が長くない人はどうすればいいのでしょうか?

 縦ではなく、横に並べるように着ける「横レイヤード」をしてみてください。これは、私自身もプライベートでよくする着け方です。石やモチーフのない、地金のみのシンプルな指輪を、横に並べるように着けていきます。その際、地金の色を統一しておけば、悪目立ちすることなく、すんなり馴染みます。細いリングだけを2つ3つ並べれば、控えめながら洗練された印象になりますし、写真のように細いものと太いものをランダムに並べるコーディネートに挑戦してみるのもよいと思います。

 また、重ね着けするのは、好きな指でも構いませんが、着ける場所によって印象が変わるということを覚えておいてください。薬指や小指に重ねるとフェミニンな印象。中指ならややマニッシュに。人差し指ならより強い印象になります。重ねるリングにも特に決まりはないので、さまざまな色の地金、太さ、デザインのものを、気分で自由にミックスしてみてくださいね。

 いかがでしたか。『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中では、ほかにもたくさんの素敵なジュエリーの着け方をご紹介いています。また、初めてジュエリーや時計を買うという方におすすめのアイテムや、ブランド。おすすめのモデルなども、たくさんご紹介しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。