プレゼントに、記念に、自分へのご褒美に。特別な瞬間に手に入れたいジュエリー。高額だからこそ、失敗したくない! 自分らしく似合っていて、長く使えるものを選びたい。けれど、いったい何を、どこで買えばいいのかわからない……。そんなジュエリー初心者のために、選び方や、素敵に見える着け方のコツ伺いました。教えてくれるのは、ファッション業界の、おしゃれ上級者たちも憧れるジュエリーディレクター・スタイリストの伊藤美佐季さん。その美しいスタイリングと、本当に良いものを見抜くセンスは、「伊藤さんが選んだものが、次に流行るジュエリー」と言われるほど。本連載では、著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中から、そんな伊藤さんのジュエリー論をご紹介していきます。

自分で見て楽しめる、手元のジュエリーがおすすめ

photo by 成尾和見(SEPT)

 ジュエリーにはざまざまなアイテムがあります。ピアスやイヤリング、そしてリングにネックレスなどなど・・・・・・。ピアスやネックレスは、一度着けてしまえば化粧室で鏡を見る時以外は、他人からしか見られないものですが、手元に着けるブレスレットやリングは、常に自分で眺められるもの。自分の目で見て、その輝きやデザインの美しさを楽しむことができます。

 そろそろやってくる嬉しいボーナスシーズンに自分で自分に贈るなら、常に自分の目で楽しめる手元のジュエリーはいかがでしょうか。中でも、お付き合いしている彼にもらうとなると緊張感を伴う(笑)リングは、むしろ自分で買うのにぴったり。それに、ブレスレットより使う地金の量が少ない分、比較的安価に、好きなデザインのものを購入しやすいのもうれしいところ。思い切って買ったジュエリーを日々、自分の目で愛でて満喫できるので、少々高価でも、一日24時間毎日つければ、しっかりモトはとれるはずです。