歯のトラブル
写真はイメージです Photo:PIXTA

 インプラントや白いセラミックスの人工歯。コツコツお金をためて入れてもらったのに、割れたり、傷がついてしまったら……。どこまで保証、対応してもらえるのでしょうか? 転んだり、スポーツでけがをしたりという不慮のアクシデントがきっかけの場合は自己責任となってしまうのでしょうか? 『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか? 聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中の歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

*  *  *

若林健史歯科医師
若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

 10万円以上の治療費となるセラミックス(白い人工歯)やさらに高額になるインプラント。多くの人は、一度入れたら半永久的にもつと思っているのではないかと思います。しかし、形あるものは壊れるように、どんなに丈夫な歯科材料も、年月を経るうちに少しずつ劣化していきます。使用の方法にもよりますが、こうした人工物はおおむね10年間使用できれば「よくもった」といえます。

 このため、多くの歯科ではおおよそ10年くらいまでを使用の目安と考え、割れたり、傷がついたりしたときの保証制度を設けています。ただし、どんな条件でも保証がきくわけではなく、「患者さんが使用方法についての約束を守ること」が大前提となります。

 その約束とは一般的に、毎日、ブラッシングやデンタルフロスをおこなうこと、そして定期的にメインテナンスを受けて、歯科衛生士の専門的なクリーニングを受けること、などです。

 意外と知られていませんが、人工歯は天然歯よりもプラークや歯石が付着しやすく、手入れが大変です。歯の汚れをそのままにしておくと、増殖した歯周病菌やむし歯菌が歯ぐきと人工歯のすき間から奥に入り、残っている歯の一部や歯周組織、歯根を侵します。

 これらの土台が悪くなると上にのっている人工歯もそのままでは使えなくなり、作り替える必要が出てきます。インプラントも例外ではなく、歯周病が進むとあごの骨が溶けて埋められているインプラント体(人工歯根)が不安定になり、ダメになることもあります。