チョ氏が黙秘を続けて罪を一人でかぶる可能性もあるが、検察の追及に抗することができなかった場合は、文政権はピンチに立たされる。

 この3つの事件ともに文在寅大統領本人と、密接な関係があるからだ。

 一つは、文大統領の30年来の親友で、弁護士時代からの同志だった宋哲浩氏を蔚山(ウルサン)市長に当選させるため、文政権が警察を使うなど、組織的に選挙に関与したのではないかという疑惑だ。

 これまで出てきた事実関係を総合すると、大統領府は宋氏の対立候補の野党、自由韓国党候補を落選させるため、蔚山警察庁に捜査を指示、警察は選挙期間中に野党候補の家宅捜索を敢行するなどイメージ棄損工作を行ったとされる。

 その後、野党候補の無実は証明されたものの、落選し、事前の支持率では野党候補に15%も差をつけられていた宋氏が当選した。

 文大統領が元金融委員会政策局長で、釜山市の経済副市長を務めた柳在洙(ユ・ジェス)氏の収賄容疑に対する捜査中断に影響力を行使したのではないかという疑惑も取りざたされている。

 柳氏は、盧武鉉政権(2003~2008年)時代に文氏とともに大統領府に勤務、私的な場では文氏を“兄貴”と呼んでいたとされる人物だ。

 収賄の疑惑から捜査が始まったが、途中、誰かの指示で捜査は中断された。その後、柳氏はむしろ栄転し釜山市の経済副市長に任命された。

 他にも、文大統領が、「わたしたち病院」(病院名)のオーナーが1400億ウォンの不正融資を受けた過程に影響力を行使したのではないかという疑惑も持ち上がっている。

 同オーナー夫婦は、盧武鉉政権時代から文氏家族と付き合いがあったとされる。

「文政権は年内に終わる」
来年の総選挙控え求心力低下

 疑惑がくすぶってきたなかで、金秉準(キム・ビョンジュン)国民大学名誉教授が12月9日、フェイスブックに「文在寅政権は年内に終わる」と書いたことが話題になった。

 金氏は、左派系列の盧武鉉政権で大統領府政策室長を務めたが、後に保守系の自由韓国党の非常対策委員長を務めた異色の経歴を持つ政治家でもある。

 金氏が言おうとしたのは、文政権が年内に崩壊するという意味ではなく、来年1月からは機能まひに陥るという意味だったようだ。

 金氏によれば、「来年1月からは、4月に予定されている総選挙まで文政権は何もできない。選挙後は、新たに当選した与党議員らは青瓦台(大統領府)よりは次期大統領候補に近づこうとするはず」という。

 与党議員にとっては、自分の選挙のことを考えれば、求心力が落ちている文大統領との距離を置いたほうが得策という判断がある。