会議の理想人数と
飲み会の理想人数は同じ

「稼ぐ会議」の人数は、僕の経験上「4人」「5人」が理想です。

 会議の目的は、いろいろな意見を出し合うこと。そこにシナジーが生まれて、よりよいアイデアに昇華するからです。

 そのような空気が作れるのは、人数が少なすぎても多すぎてもダメで、「4人」「5人」がベスト。

 1つのテーマで盛り上がる「適正人数」と言えるでしょう。「6人」では、ちょっと多すぎるイメージです。

 これは、飲み会や会食の人数を考えてもわかるはずです。

「いい会議」の人数も、「いい飲み会」の人数も同じなのです。

 どちらも人間同士のコミュニケーションの場です。

 共通の話で盛り上がろうとすれば、「4人」「5人」が一番いいはずです。「2人」「3人」ではやや緊張感があります。

 また、人数があまりにも少ないと「想定外の名案」が出てこない可能性もあります。「6人以上」になると、共通の話で盛り上がることは、まずありません。

 必ず割れます。

 会議と同様、当事者意識が薄れて、話題が拡散するので、「2人」と「4人」、「3人」と「3人」といった具合にグループが分かれてしまいます。

 さらに「6人以上」どころか、「10人以上」になると、共通の話で盛り上がるのは不可能。「10人以上」の飲み会や会食は個人的なつき合いというより、業界の会合や異業種交流会のようなものが多いはずです。

 会議の理想人数も、飲み会の理想人数も同じなのです。