「小さなステーションワゴン」ではない

 ボルボV40とは、先ほども少し申し上げたとおり「ボルボの5ドアハッチバック」だ。ボルボ自身はそれを「コンパクトワゴン」と呼んでいる。

 1997年に国内販売がスタートした初代のV40は、三菱自動車の「カリスマ」という小型セダンと車台を共用するコンパクトなステーションワゴンで、その生産もオランダにあるボルボと三菱自動車、そしてフォード合弁の工場「ネッドカー」で行われた。そして、まあハッキリ言ってさほどの人気モデルではなかった。

 しかし2013年2月から国内販売された2代目V40(つまり今回紹介する最終世代)は、初代とはポジショニングを大幅に転換。「小さなステーションワゴン」ではなく「Cセグメントの5ドアハッチバック」に生まれ変わったのだ。ちなみに「Cセグメント」というのは、だいたいフォルクスワーゲン ゴルフぐらいのサイズ&車格のクルマを意味する自動車業界用語である。

 それゆえ2代目ボルボV40のサイズはおおむねフォルクスワーゲン ゴルフと同程度であり、その質感も、ゴルフとおおむね競合するレベルのプレミアム感を備えるに至ったのだ。

 ちなみに、20年ぐらい前でクルマに関する知識のアップデートが止まっている人は「ゴルフ=実用車の鑑」と思っているかもしれないが、ここ10年ほどのフォルクスワーゲン ゴルフは「小さな高級車」と化していることを、いちおうご承知おき願いたい。

ボルボのエントリーモデル
ボルボのエントリーモデルとして1995年から生産され、2012年からは2代目モデルとして発売され続けたV40。ボディサイズは全長4370×全幅1800×全高1440mm。一般的なコンパクトハッチバックに分類される。