微妙に古い「その前の世代」だからこそ、実は「絶妙」であるということが。

 そして「残り物には福がある」というか、このクルマはまさに「last but not least(最後ではあるが、最小ではない)」である――ということが。

V40
次回以降では実際に130kmほど離れた栃木県への小旅行で感じたV40の素晴らしさをレポートしたい。

文/伊達軍曹 写真/柳田由人 編集/iconic

[MEN'S EX ONLINEの記事を再構成]