1万人を超えるリーダーは、「同じこと」に悩んでいた。
本連載は、1万人を超えるリーダーから寄せられた「悩み」に対し、明確な答えを提示するものだ。
著者は、日本最高峰のビジネススクール「経営アカデミー」で18年以上の登壇実績を誇り、経営者や企業幹部を指導してきた浅井浩一氏。全国で年間100回以上の研修や講演を行い、コンサルタントとしても現場に入り込む
「離職率を抑え、メンタルを病む人をゼロにし、なおかつ目標を達成し続ける」ために、リーダーとともに考え、行動し、悩みの解決を図る。業種・業態を問わず、職場再建率は100%。これまで指導してきたリーダーの数は1万人を超える。近著に『1万人のリーダーが悩んでいること』がある。

Photo: Adobe Stock

【悩み】プレイングマネジャーとして忙しすぎて、マネジメントをする時間がありません。どのように時間をつくればいいのでしょうか?

 プレイングマネジャーには2つの形態があります。

 ひとつは、リーダーであるAにもクライアントやノルマが課せられており、自分が常に最前線で動きつつ、B、C、Dのマネジメントもこなす形態。もうひとつは、AというリーダーがB、C、Dというメンバーが抱えるクライアントをすべて掌握する立場であり、普段は後方に待機していながら、必要とあらば「トップセールス」として最前線に出ていく形態です。

 日本の会社では、前者の形態が圧倒的多数です。そのため前者に絞って、時間をつくる方法を考えてみましょう。

あなたの時間がなくなる理由

 たとえば、Bという部下がプレイヤーとして、10という目標のうち3しか達成できていないとしましょう。

 多くのリーダーは、Bの営業に同行して、どのような営業をしているのかをあれこれチェックしながら「今度はこうしてみよう」と指導しようとします。

 しかしリーダー自身にもクライアントがあり、ノルマを達成しないといけないのですから、Bに密着指導していては、時間がいくらあっても足りません。あなたもこのように「忙しくてマネジメントをする時間がない」という状況に陥ったのではないでしょうか。

 発想を逆転させましょう。リーダーの営業に、Bを同行させてみるのです。