1万人を超えるリーダーは、「同じこと」に悩んでいた。
本連載は、1万人を超えるリーダーから寄せられた「悩み」に対し、明確な答えを提示するものだ。
著者は、日本最高峰のビジネススクール「経営アカデミー」で18年以上の登壇実績を誇り、経営者や企業幹部を指導してきた浅井浩一氏。全国で年間100回以上の研修や講演を行い、コンサルタントとしても現場に入り込む
「離職率を抑え、メンタルを病む人をゼロにし、なおかつ目標を達成し続ける」ために、リーダーとともに考え、行動し、悩みの解決を図る。業種・業態を問わず、職場再建率は100%。これまで指導してきたリーダーの数は1万人を超える。近著に『1万人のリーダーが悩んでいること』がある。

Photo: Adobe Stock

【悩み】自身の目先の成果ばかり強調し、失敗は隠そうとする若手が多いように感じます。彼らを変えるにはどうすればいいのでしょうか?

 部下は、会社や上司から「成果を出すこと」を求められています。リーダーであるあなたも同じはずです。

 がんばって出した成果を強調したくなるのは、人間の自然な感情ではないでしょうか。失敗したら隠したくなるのも同じです。

 部下が「100の成果を出しました!」と喜び勇んでやってきたら、疎んじるのではなく「よく100の成果を出したな!」と一緒に喜んであげてください。そして、どのような仕事の進め方をしたら100の成果を出せたのかを「インタビュー」するのです。

「すごいな。どうやって100の成果を出せたのか教えてくれないか。何の苦労もなく、何の失敗もなく、簡単にこの成果が出たわけではないだろう? 君が苦労した点、工夫した点を教えてほしいんだ。結果だけでなく、結果を出すに至ったプロセスも知りたい。期末に目いっぱい評価したいしね!」

 こう聞けば、部下は嬉々として語ってくれることでしょう。モチベーションはさらに高まりますし、部下にとっては「成功したプロセスの再確認」にもなります。

 仮にもし、部下が成功までの道のりを整理して語れなかったとしても、それは「結果を出すためのプロセス」をもう一度考えさせるいい機会になります。

「成功者インタビュー」は、部下育成のチャンスの宝庫なのです。