上海の地下鉄駅
Photo:Reuters

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 帰省や海外渡航のために数億人が移動する春節を前に、中国は恐ろしい呼吸器感染症と再び戦っている。

 良いニュースは、湖北省武漢市で発見された新型コロナウイルスが今のところ重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスほど悪性ではないようにみえること。SARSウイルスは武漢のウイルスと似ており、動物から人に感染する。2003年に広東省で流行し、最終的に700人以上が死亡した。

 悪いニュースは、高速鉄道をはじめとする中国の交通インフラが03年のSARS流行時よりもはるかに充実しているため、ウイルスが急拡大していると考えられることだ。中国経済も、2000年代の初めに比べてサービスや消費支出への依存度がかなり高くなっている。03年の流行のピーク時には、小売売上高の伸びが前年比で半分ほどに落ち込んだ。

 そのため、中国経済はSARSに見舞われた時よりも無防備だ。当局がいかに迅速に感染拡大を制御できるかが鍵になるだろう。

 中国政府の反応は当初こそ鈍かったものの、封じ込めに向けて23日朝から武漢市内と市外への公共交通網を運行停止にするなど、現在は力強い措置を講じている。しかし、多くの武漢市民が、24日に始まる春節の休暇のためにもう自宅を出ているようだ。既に数百人の感染が確認されている。中国メディアの財新によると、武漢の医師らは感染者が最終的に6000人を超える可能性があると考えている。03年のSARS流行では世界全体で約8000人が感染した。